爪の育成のためにできるだけ避けたいNG行動

爪の育成のためにできるだけ避けたいNG行動

ネイルココロにお越しいただく前、あなたは爪にどのような思いがありましたか?

・爪の形が嫌い、コンプレックス
・爪がすぐ折れる割れることがストレス
・ネイルココロのホームページやインスタグラムを見て改善している美しい爪をとても羨ましく思った

その爪を変えたい!と勇気を出して思い切ってえいっ!とネイルココロに予約をくださったと思います

なので私はその想いを応援したいし一緒にゴールを目指していきたいし、お伝えしてゴールが近くなることはたくさんお伝えしたいと思っています!

なので今日は参考にして頂きたい豆知識をお伝えします

時間と愛情をたっぷりかけて一生懸命に育てていただいている爪

 

こまめな保湿やお伝えしている気をつけていただきたいことに少し目を向けて生活していると想いももよらない程の成長をしてくれます

しかし何の気なしにしている行動がせっかく順調に育てた爪を後退させてしまうこともあるんです!!
爪育成中、深爪改善中の皆様に知っていただきたい爪育成のためのNG行動をご紹介します

 

爪育成、深爪改善のカギを握ると言っても過言ではない爪裏の皮膚

爪裏の皮膚

この爪裏の肌を育てて守っていくために、できるだけ避けたいNG行動は‥

 

ダスターを絞ること

 

ダスターを水で濡らす時に指先、爪も一緒に水分が入ります

この時、爪裏の薄い肌は水分でふやけた状態に

ここでダスターを水分を切るために力いっぱい絞ると‥

爪は上(爪先方向)指の腹は下(指の付け根方向)と互いが反対方向に引っ張られていきます

ダスターを水分を切る

生活の中で同じ手の使い方をするのは


雑巾掛け

も同じです

雑巾掛け

負荷がかった薄くて繊細な爪裏の皮膚は堪えきれなくなって剥がれていきます

せっかく順調だった育成や改善が逆戻りすることも

 

こうならないためには
1 保湿
2 ゴム手袋の使用
3 やむを得ない場合は第一関節から先をダスターから離して手のひらや指の付け根あたりを使って絞ること

が大切です

ゴム手袋の使用

少し煩わしさを感じるかもしれませんが、指先を使わずに指の腹部分を使って物を取ったりする所作は爪を守ることはもちろん、見た目にも女性らしい品のある美しさがあり、好感度もUPします

爪が理想の長さ、形になり自信を持って人前に出せるようになる

そして気分も良くなって自分のことが好きになる

更に指先を大切にしていたらいつのまにか女性らしい所作が身についていて人から褒められる

そんな未来、とても素敵だと思いませんか?

 

爪を育てて変えていく事は日々のお手入れはもちろん、日々の手の使い方がとても重要です

少しの意識で必ず変わっていきます
ぜひ意識してみて下さい

 

関連記事

  1. ジェルを付けずに理想の爪を手に入れる【爪育成ネイルケア】

    ジェルを付けずに理想の爪を手に入れる【爪育成ネイルケア】